第2回日本数学A-lympiad 結果発表


授賞チームが決定いたしました!おめでとうございます!
 

令和元(2019)年11月24日(日)に開催した「第2回日本数学A-lympiad」には,全国13県20会場で67チーム254名の高校生1・2年生が参加しました。数多くの皆さんに御参加いただき,誠にありがとうございました。

厳正な審査の結果,下記のとおり授賞チームを決定いたしましたので,お知らせいたします。また,最優秀賞・優秀賞の2チームを世界大会「Math A-lympiad」(2020年3月13~14日,オランダ)に日本代表として派遣いたします!

 最優秀賞 

    西大和学園高等学校

      1年 遠藤 和輝さん  1年 近藤 汰一さん  1年 田中 康誠さん 1年 内藤 純香さん

 優秀賞

    金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校

      2年 高畠 開聖さん  2年 山岸 達己さん  2年 阿曽 恵大さん  2年 松下 宗平さん

 優良賞

    石川県立金沢泉丘高等学校

      2年 池田 恭祐さん  2年 上松 颯真さん  2年 駒形 圭吾さん  2年 山代 晃聖さん

    石川県立金沢泉丘高等学校

      2年 榎本 倫太郎さん  2年 油片 愛翔さん  2年 高田 孝男さん

    金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校 

     1年 千代 航平さん  1年 中井 一心さん  1年 松本 賢人さん  1年 加賀谷 健太郎さん

    西大和学園高等学校

     1年 石垣  心さん  1年 山口 紗季さん  1年 東  哲也さん  1年 前田 萌衣さん

     岡山県立岡山大安寺中等教育学校

     5年 運  愛斗さん  4年 光畑 幸弥さん  5年 清  雅一さん  5年 井上 裕貴さん

総評

世界とつながりより良い社会を築く若き数理の探究者

実行委員長:金沢大学人間社会研究域学校教育系 教授 大谷 実

金沢大学は,世界とつながりより良い社会を築く「超然」の精神を涵養するため,数学を活用して現実課題の解決に挑戦する若者を顕彰する国際コンテスト「Math A-lympiad」幹事校として,第2回日本数学A-lympiadコンテストを実施しました。全国から参加した67チームが一日がかりで課題に取り組んで作成したレポートを,高校数学の著名な学外審査委員8名と私を含む学内委員3名とで,国際委員会の評価規準に基づき慎重に審査を重ね,入賞チームを決定しました。

今回の課題は,異なる地域に住む人々が集う最適な場所を決定するようなものでした。参加チームは,長文の英文テキストを読み,様々な要因を考慮しながら自ら重要な変数を決定し,条件や仮説を設定して数学の問題として定式化し,既習の数学的な見方・考え方を柔軟に組み合わせて数学的な結論を導きました。今回の課題では,インターネットを積極的に活用して現実のデータを収集し,数学の結論と照らし合わせながら最終的に意味のある解決策を提言しました。レポートを作成する際には,根拠に基づき主張したい事柄を読み手を意識して丁寧に説明したり,表・式・グラフなどの数学的表現を適切に用いて明快に伝えたりする技能も必要でした。

入賞したチームは,多数の予備課題を分担したり組み合わせたりしながらも,個々の予備課題の解法を単に示すのではなく,個々の課題から得られた知見を最終課題において見事に総合し,現実味と説得力を兼ね備えた読み応えのあるレポートを作成しました。今回参加した高校生の皆さんが,数学を柔軟に活用して答えが一意でない課題に創造的にアプローチする豊かな資質・能力を発揮していることに,審査委員一同,深い感銘を受けました。世界大会では,2日間にわたり一層複雑な課題に臨機応変に対処するとともに,他の参加国の高校生と交流し,たくさんの朋友を持つことを願います。


表彰式

日時:令和2年3月25日(水)14:00~15:00

会場:金沢市内

表彰式の様子はこちら