第1回日本数学 A-lympiad 募集要項

募集要項

目的

 金沢大学がある石川県金沢市は近世には加賀百万石の城下町として発展した土地柄です。

 このたび,本学では近世に多くの算用者が活躍し,近・現代にも優れた数学者を輩出した「数学どころ 金沢」の伝統を顕彰するとともに「現代の若き算用者」発掘を目的に,国内では前例のない「世界とつながりより良い社会を築くため,数学を活用して現実課題を解決する能力」を競う「日本数学A-lympiad」を開催いたします。このコンテストは,日本で初めて全国に公募し,成績優秀チームをオランダで開催される「Math A-lympiad」に日本代表として推薦・派遣するものです。
 「日本数学A-lympiad」は,現在,日本で一般に普及している数学オリンピック(Mathematical Olympiad)のように純粋で抽象的な数学の知識・技能の高さを個人単位で競い合うものではありません。

 同じ高校に在籍する3人から4人がチームとなって競い合います。チームで協働しながら,先ず現在の世界的課題を背景として作成された実社会に起こりうる問題(英文)を読み解き,次に数学の力を利用して社会にとってより良い解決案をレポート(国内大会では日本語,世界大会では英語)で提案します。数学の力はもとよりグローバル課題を発見する力,主体性や活発なコミュニケーションに基づく協働性,レポートを論理的に構成する力,英語力等が総合的に試されるコンテストです。出題内容は例年自然科学にとどまらず広く社会科学に及ぶもので参加者は文系・理系を問いません。

 現実に有り得る解決困難な課題に,数学の学力は勿論のこと英語運用能力,理科・文科にわたる教養,コミュニケーションに基づく協働性,レポートを作成する論理構想力,表現力等を駆使して立ち向かい,多様な解決法を提案する,非常に高度でスリリングな数学コンクールに,全国から多くの高校生チームが挑戦していただけることを期待します。

「日本数学A-lympiad」日程

参加申込期間
2018(平成30)年10月1日(月)から10月31日(水)

開催日時
2018(平成30)年11月18日(日)午前9:00~午後4:00

開催場所
金沢大学及び原則参加チーム所属各校(ただし,地区毎に幹事校を決め,会場を幹事校に集中して開催することもあります。)

結果発表
2018(平成30)年12月17日(月)

表彰式
2018(平成30)年12月下旬(予定)


Math A-lympiad開催日
2019(平成31)年3月

Math A-lympiad開催場所
オランダ王国デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園

問題の著作権はMath A-lympiad委員会に帰属し,原則1年間は公開されません。

Math A-lympiad Website(英語)
https://www.uu.nl/en/education/mathematics-a-lympiad

Math A-lympiad 過去問題
http://www.fisme.science.uu.nl/publicaties/subsets/alympiad/

募集詳細

ダウンロード
募集要項[PDF]
実施要項[PDF]
チラシ[PDF]

応募資格
コンテスト開催時に同じ高校に在学する高等学校1,2年生,または同じ中等教育学校に在学する中等教育学校4,5年生の者3~4名で構成されたチーム

申込方法
2018(平成30)年10月1日から10月31日の間に,下記参加申込フォームに必要事項を入力し,各校一括して申し込んで下さい。
(参加申込フォーム画面サイト)
 https://ws.formzu.net/fgen/S84521882/

審査方法
金沢大学で受験した各校各グループの解答レポート及び金沢大学以外の各高校を会場として受験した各チームの解答レポートを一括し,日本数学A-lympiad委員会が書類審査します。
金沢大学以外を会場として受験した各チームの解答レポートは,試験終了後,直ちに本学に提出していただきます。
書類審査したレポートの中から最優秀賞1チーム,優秀賞1チーム。優良賞4チームを選び,表彰します。

問い合わせ先

金沢大学高大接続コア・センター
「日本数学A-lympiad」担当
〒920-1192 石川県金沢市角間町
[電話] 076-264-5189
[e-mail] a-lympiad@adm.kanazawa-u.ac.jp

主催
金沢大学

後援
公益社団法人 日本数学教育学会