金沢大学プロモーションビデオ「Found it Here」

►English

202X年,主人公の女性は充実した日々を送っている。
 ある日,
 彼女は人生の転機となった10年前の「留学先での金沢大学」の日々を思い返していく・・・

 

 このプロモーションビデオは,ある一人の留学生に視点を置き,彼女の学生生活をとおして,国際化を進めている金沢大学の姿を皆様にお伝えするものです。
 制作にあたっては,数多くのトップアーティストのミュージックビデオや映画を手がけ,全国的に活躍する丸山健志氏を監督に迎え,2015年10月7日,8日にかけて大学構内や金沢市街で撮影。本学学生や留学生など関係者総勢100名以上が撮影に参加しました。

 

監督  丸山 健志(まるやま たけし)氏 

丸山監督の写真略歴:1980年生 石川県金沢市出身
星稜高等学校卒,早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了
映画監督,映像ディレクター
2005年,自主映画『エスカルゴ』が「2005年ぴあフィルムフェスティバル」入選
2014年10月まで,AKB48及び関連グループの映像コンテンツ企画製作等を手がけるKRK PRODUCEに所属
2014年10月からフリーランスとして活動
aiko・AKB48・加藤ミリヤ・清水翔太・Superfly・AAA・乃木坂46・ファンキー加藤など,様々なアーティストのMV演出を中心に活動
2015年7月に全国公開された映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」にて商業映画監督デビューを果たす。

 

【丸山監督からのコメント】

私は映像監督として今年でちょうど10年目になります。
そして,10年目で初めて,故郷・金沢での演出作品。

とても幸せな日々でした。

どこにもない,洗練された美しい街並み,
どこにもない,自然美溢れる広大なキャンパス
撮影の下見に訪れる度,心が躍りました。

大学スタッフの方々や100名を超える学生たちの協力も暖かく,
同じ金沢出身の安念プロデューサーと共に日々感激しっぱなしでした。

撮影日も金沢では珍しい程の晴天,
レンズに入り込む柔らかなハレーション,
ヴィオレッタのナチュラルな笑顔,
撮影していることに動じない留学生たちのリアルな佇まい,
何もかもが,上手くいきました。

何か,大げさな書き方になっているかもしれませんが,
本当に,あまり経験が無いくらい,
色々上手くいった作品制作になったのです。

今後,世界で活躍する人材を輩出していく金沢大学の
プロモーションビデオを監督できたことに誇りを持つと同時に,
「Found it Here」という作品テーマと同じく,
私も故郷での作品制作を通して、
大切なモノを見つけた気がします。

10年後,あるべき姿になるために。

ありがとうございました。

主演  Violetta Razdumina(ヴィオレッタ・R)さん

violetta【ヴィオレッタさんからのコメント】

撮影の時に初めて金沢に行きました。
どういう人に出会うのか,金沢ってどういう町なのか,ワクワクしながら考えていました。
全てが初めてでしたので,とても緊張しました。
でも,初めてチームの人たちとご飯食べに行った時に金沢の人は
とてもオープンで優しい人だと分かってきました。
チームの人たちは,もちろん,面白くて真面目な人たちですし,
普通に金沢に住んでる人たちもすごく優しかったです。
例えば外で撮影中,学生の可愛い女の子たちに声かけてもらったり,
優しく手をふってもらったりしてとても感動しました。
みんなの笑顔を見て頑張れると思いました。小学生たちにも「ハロー」と声をかけられ,本当に泣きそうでした。
知らない人と話すのは東京だととても珍しいことなのでとても嬉しかったです!
金沢大学の学生たちも撮影に協力して
いろんなところに一緒に行ってくれて楽しい時間を
もらえて本当にありがとうございます。最高でした!
またみんなに会える機会があったらとても嬉しいです!
金沢は綺麗なところが多いし,109もあってびっくりしましたし,私が大好きな自然も多いし,
とても美しくて素晴らしい町だと思いました!お米もすごく美味しかったです。
また今度旅行として必ず金沢に行きたいと思っています。
金沢に行ったことない友達にも日本の素晴らしい町を見せたいと思っています!
素晴らしい3日間を心の底からありがとうございました!

映像制作 株式会社 スプーン

 https://www.spoon-inc.co.jp/

【撮影協力】
 鈴木大拙館