<文部科学省・課題解決型高度医療人材養成プログラム>北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(認プロ)- 第36回日本認知症学会学術集会ジョイント企画 国際シンポジウム「Alzheimer’s Disease: Phenotypic Variability and its Molecular Backgrounds」


登録日:2017/11/2   一般参加OK
開催日(開催期間) 2017年11月26日(日) 09:40 - 11:40
開催場所 石川県立音楽堂 交流ホール(地下1階)
募集対象 認知症診療に携わる医療関係者・研究者
募集人数
イベント内容
 認プロでは,第36回日本認知症学会学術集会(会長:山田正仁・金沢大学教授,会期:11月24日(金)~26日(日))と同会場で,文部科学省・課題解決型高度医療人材養成プログラム 北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(認プロ)- 第36回日本認知症学会学術集会ジョイント企画 第4回市民公開講座「認知症~みんなで知ろう・防ごう・支えよう~」を開催致します。
 今回の市民公開講座では,認知症診療の第一線でご活躍されている著名な4名の先生方をお招きし,認知症の概要や予防,治療をはじめ,認知症の方を支える家族の介護のあり方などについて,主に一般市民を対象にわかりやすくご講演いただきます。
 参加は無料です。多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

講演プログラム
Opening address
Koetsu Yamazaki (Kanazawa University)

Introduction of the NINPRO and the International Symposium
Masahito Yamada (NINPRO Project Leader, Kanazawa University)

“Clinical and neuroimaging variability in Alzheimer’s disease”
Rik Ossenkoppele (VU University Medical Center, the Netherlands)

“Neuropathological variations in Alzheimer’s disease”
Shigeo Murayama (Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology, Japan)

“Molecular Backgrounds of Phenotypic Variability in Alzheimer’s Disease: Insights from
Prion Diseases”
Jiri G. Safar (Case Western Reserve University, USA)

Closing remarks
Shigeki Ohtake (Kanazawa University)
参加費用 無料
参加方法 直接会場までお越しください
申込受付期間
関連リンク http://ninpro.jp/
お問い合わせ先
北陸認プロ運営事務局 【TEL】076-265-2149 【E-mail】ninpro@adm.kanazawa-u.ac.jp