金沢大学総合メディア基盤センター主催シンポジウム2017「身の回りの新しいICTとセキュリティ」


登録日:2017/9/14   一般参加OK
開催日(開催期間) 2017年9月25日(月) 13:00 - 17:30
開催場所 金沢大学角間キャンパス(中地区) 総合メディア基盤センター2階 プレゼンテーション室
募集対象 なし
募集人数 なし
イベント内容
 この度,金沢大学総合メディア基盤センターにおきまして,「身の回りの新しいICTとセキュリティ」と銘を打ち,シンポジウムを開催することとなりました。
 本シンポジウムでは,「IoTのセキュリティ」と「IPv6」という言葉を鍵として,第一線でご活躍されている二人の研究者から基調講演をいただきます。「IoTのセキュリティ」に関しては,近年,様々な機器やセンサー類が安価で入手できるようになり,それらが簡単にインターネットに接続できるようになった中で,セキュリティをいかに担保するかが重要になってきています。この点について,身の回りのIoTを例にお話しいただきます。「IPv6」に関しては,インターネットに接続するための住所であるIPアドレス(IPv4アドレス)が枯渇したと言われてから随分たち,新しいインターネット通信の規約(IPv6)への移行が少しずつ進められていました。このIPv6が現在,どのように身の回りに浸透し始めているのかについてお話しいただきます。
 いずれの講演もここ最近のトピックスとして重要な要素となるもので,一般の方々にこそお聞きいただきたい内容となっています。なお,基調講演後には,本センターの最近の取り組みについて報告させていただきます。
 皆様,お誘いあわせの上,ぜひご参加いただきますようお願いします。


■ 金沢大学総合メディア基盤センターシンポジウム2017
       『身の回りの新しいICTとセキュリティ』
 日 時:2017年9月25日(月) 13:30-17:30 (開場13:00-)
 場 所:金沢大学 角間キャンパス(中地区)
     総合メディア基盤センター2階 プレゼンテーション室

■ 申し込み
 https://ws.formzu.net/fgen/S16960772/
 ※当日参加もOK! 参加費無料!

■ プログラム
 13:30  開会
 13:40  基調講演
    ①「身の回りのIoT とセキュリティ」
       北陸先端科学技術大学院大学 教授  丹 康雄
    ②「今後のIPv6 対応に関する身近なお話」
       東京工業大学 准教授 北口 善明
 15:40  休憩
 15:50  2016~2017年のセンターの取組報告(三部門 + 業務管理室)
 16:50  ISMS取得に向けて
 17:20  閉会

※シンポジウム終了後に,情報交換会を予定しております(参加費4000円)
参加費用 参加費無料 (情報交換会のみ4000円)
参加方法 下記【関連リンク】にてお申込みください。 当日参加歓迎
申込受付期間
関連リンク https://ws.formzu.net/fgen/S16960772/
お問い合わせ先
金沢大学総合メディア基盤センター【Email】imc-jim@ml.kanazawa-u.ac.jp【TEL】076-234-6911