国際学類

グ ローバル化が進んだ21世紀に,国際社会への洞察力を持ち,異文化との〈しなやかな共生〉を実現できる真の国際人を育成することを目的とし,外国・異文化 への関心と探求心,コミュニケーション能力を持ち,将来国際的業務で活躍できる人材を育てる。各コースのディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標への到 達を通じて,この学類の人材養成目標に到達した者に学士(国際学)の学位を授与する。

国際社会コース

グローバル化する 現 代社会をマクロ的視点から的確に理解するための力を育て上げるために,国際政治,経済,歴史,文化などについての知識を習得するとともに,それらを総合 し,国際的感覚と視野を広げると同時に,その理解を深めるために英語などの高いコミュニケーション能力を身につけた人材を育成する。こうした人材養成目標 に到達した者に学士(国際学)の学位を授与する。この人材育成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 国際問題を理解するために必要な基礎的科目で得た知識を習得している。
  • 国際社会に関する専門的知識が系統的に学習され,それについての深い知見を有している。
  • 現代社会をマクロ的に展望する能力を習得している。
  • 国際社会に関して学んだ知識と理解などに基づき,外国語のコミュニケーションを通して充分な自己表現能力を獲得している。
  • 国際社会に関する専門的知識に基づき,自主的に関心を持つテーマを見つけ出し,それを独自に考察し研究する能力を習得する。
  • 日本の文化・社会・歴史や日本語についてグローバルな視点から客観的に観察できる態度と能力を獲得している。

日本・日本語教育コース

グ ローバル化する現代社会をマクロな視点から理解し,外国語コミュニケーション能力を身につけ,かつ日本や日本語について深い理解と知識を持った国際人,特 に日本語教師をはじめとする国内外の国際交流分野で活躍できる優秀な人材を輩出する。こうした人材養成目標に到達した者に学士(国際学)の学位を授与す る。この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 世界情勢を偏りなく見つめ,自己のアイデンティティを大切にしながら異文化を受け入れられる価値観や包容力を身につけている。
  • 日本の文化・社会・歴史や日本語についてグローバルな視点から客観的に観察できる態度と能力を獲得している。
  • 日本文化や日本語・日本語教育に対する深い理解と知識を有している。
  • 自国文化や母語についての深い理解を前提として,国内外で外国人に日本語を指導するための高度な知識や教授法を身につけている。
  • 英語などの外国語コミュニケーション能力とともに,日本語による高度なコミュニケーション能力を有している。

アジアコース

多文化・多民族社会 で あるアジアの多様性を理解でき,かつその知識を背景として,日本が位置する東アジアの近隣諸国との緊密化する交流と複雑化する関係を理解し,その上で交流 の一角を担うことのできる人材を輩出することを目標とする。こうした人材養成目標に到達した者に学士(国際学)の学位を授与する。この人材育成目標に到達 するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 東アジアの文化・社会の存在様態についての高度な専門知識を習得している。
  • 他の地域や世界の状況との比較の視座から,俯瞰的に東アジアの文化・社会を考察する能力を獲得している。
  • 日本とアジア諸国の関係について,専門的知識に裏打ちされた自らの意見を持ち,両者の交流の仲介役となることができるコミュニケーション能力を備えている。
  • 中国語・朝鮮語または英語で書かれた文献を正確に読解し,確実な情報基盤を築く能力を有している。
  • 自らの論理的な思考を,正確かつ高度な中国語・朝鮮語または英語を使って表現する能力を有している。
  • 日本の文化・社会・歴史や日本語についてグローバルな視点から客観的に観察できる態度と能力を獲得している。

米英コース

自国の歴史や文化についての深い知識は言うに及ば ず,アメリカ・イギリスをはじめとする英語圏の文化・社会についての広範な知識と深い理解に裏付けられた,優れたコミュニケーション能力を有する人材を輩 出する。こうした人材養成目標に到達した者に学士(国際学)の学位を授与する。この人材育成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求めら れる。

  • 英語圏の文化・社会の存在様態についての高度な知識を習得している。
  • グローバルな視座から俯瞰的に英語圏の文化・社会を考察する能力を獲得している。
  • グローバルかつ俯瞰的な視点から自国の文化を見つめ,それを考察する能力を修得している。
  • 英語で書かれた文献を正確に読解し,確実な情報基盤を築く能力を有している。
  • 自らの論理的な思考を,正確かつ高度な英語を使って表現する能力を有している。

ヨーロッパコース

「ヨーロッパとその周辺地域」に対する言語コミュニケーション能力に裏打ちされた実践的知識を 基 礎に,現代ヨーロッパ社会の目指している,価値の多様性を踏まえた文化的寛容の精神を体得した真の国際人を育成する。こうした人材養成目標に到達した者に 学士(国際学)の学位を授与する。この人材育成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 現代ヨーロッパの政治・経済・文化について,将来この分野の専門職業人として活動するに相応しい,基礎的知識を習得している。
  • 現代に生きる創造力ある世界であると共に,歴史と伝統の深い根を有する世界であるヨーロッパ文化を学ぶ者として,これまでのヨーロッパ文化が産み出してきた思想,文学,芸術等の歴史的諸価値に対しそれを理解する豊かな感受性を備えている。
  • それぞれの関心に従って仏・独・西語につき各言語の代表的検定試験(実用フランス語検定技能試験,ドイツ語技能検定,スペイン語技能検定)2級程度,即ち国際的な場で働く意欲のある学生に要求されるコミュニケーション力獲得までスムーズに到達できる基礎的語学力を習得している。
  • 自身のキャリア・パスと本コースで学ぶ専門知識を接続させ,自身の進路をプロデュースできる職業設計能力を育んでいる。
  • ヨーロッパのみならずその周辺諸地域(中央アジア圏,中近東アラブ圏,中南米地域)の社会・文化の理解のもと,複眼的に世界を見る目を有している。
  • 他者へ及び多文化への旺盛な関心のもと単に日本に固執するのではなく,生活及び労働の場を広く世界に求めることのできる,国際感覚と人間関係構築力を身につけている。
  • 日本の文化・社会・歴史や日本語についてグローバルな視点から客観的に観察できる態度と能力を獲得している。