薬学類・創薬科学類

薬学類

豊かな人間性と高い倫理観をもった職業人としての薬剤師を育成する。それと同時に,次世代の医療薬学教育研究者を養成する。この基本理念に従い,以下に示す人材養成目標に到達した者に,学士(薬学)の学位を授与する。

  1.  医療人としての使命・責任の自覚:医療制度の担い手として果たすべき使命と役割を理解しているとともに,その役割を適正に果たすために必要な責任感をもっている。
  2. 職業倫理・医療倫理:医療人としての守秘義務などを理解しているとともに,高い倫理観をもっている。
  3. 問題解決能力:様々な事象・事実を確認し,分析し,問題を解決するための対策を提案できる。
  4. 専門的知識:基礎薬学から臨床薬学に到るまでの薬学分野について,専門的な知識をもっている。種々の文献を読解し,問題を解決するための知識をもっている。
  5. コミュニケーション能力・表現能力:問題解決のために医療人として要求されるコミュニケーション能力をもっている。同時に,各種の文書を作成する表現能力をもっている。

これらの人材養成目標に到達するためには,以下の学類の学習成果を上げることが求められる。

  • 最先端の医療に要求される知識と技能のレベルを理解する。
  • 生涯にわたる自己研鑽により専門能力を向上させることの重要性を認識する。
  • 講義・演習や課題研究を通して,薬学領域における多様な現象を分析するための知識や問題解決能力を身につける。
  • 問題解決のために情報を収集し,関係者に口頭により伝達する能力および文章表現・文書作成の能力を身につける。
  • 医療の現場における諸問題と取り組む際に要求される倫理観と責任感を身につける。

創薬科学類

人 類の健康増進や医薬品の創製につながる分野の研究者,製薬企業における研究開発・情報提供などの業務に従事する者,行政機関において衛生行政などに携わる 者など,多様な人材を養成する。この基本方針に従い,以下に示す人材養成目標に到達した者に,学士(創薬科学)の学位を授与する。

  1. 職業倫理と責任感:創薬科学分野に従事する者として,倫理観と責任感をもっている。
  2. 問題解決能力:様々な事象・事実を確認し,分析し,問題を解決するための対策を提案できる。
  3. 専門的知識:自然科学の基礎から創薬科学に到るまでの分野について,専門的な知識をもっている。種々の文献を読解し,創薬科学分野における諸問題を解決するための知識をもっている。
  4. コミュニケーション能力・表現能力:創薬科学分野における問題解決のために必要なコミュニケーション能力をもっている。同時に,各種の文書を作成する表現能力をもっている。

これらの人材養成目標に到達するためには,以下の学類の学習成果を上げることが求められる。

  • 創薬科学領域における最先端の研究・開発に要求される知識と技能のレベルを理解する。
  • 生涯にわたる自己研鑽により専門能力を向上させることの重要性を認識する。
  • 講義・演習や課題研究を通して,創薬科学領域における多様な現象を分析するための知識や問題解決能力を身につける。
  • 問題解決のために情報を収集し,口頭により伝達する能力および文章表現・文書作成の能力を身につける。
  • 創薬科学領域における研究・開発と取り組む際に要求される倫理観と責任感を身につける。