自然システム学類

生物学・バイオ工学・物質循環工学・地球学の各コースでの高い専門性のみならず,幅広い基礎力と国際的感覚を身につけ持続的社会の実現に貢献できる専門性を備えた探究心と創造性あふれるサイエンティスト,エンジニアを育成する。各コースのディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標に到達した者に学士(工学もしくは理学)の学位を授与する。この人材養成目標に到達するためには,以下の各コースの学習成果を上げることが求められる。

バイオ工学コース

以下の人材養成目標を掲げ,この目標に到達した者に学士(工学)の学位を授与する。

  1. 21世紀の社会における生命・福祉,地球環境(資源,環境保全,エネルギー),物質生産,材料などの課題を生物工学的立場から解決できる研究者・技術者としての基礎的な能力を身につけている。
  2. 数学および自然科学(物理学・化学・生物学・地球科学)の基礎知識を習得している。
  3. 自然科学と幅広い応用科学の特徴を理解しているとともに,技術が人間社会や自然に及ぼす影響を理解している。
  4. 生物工学に関連する幅広い科学技術分野の研究動向と今後の展望についてその概要を理解している。
  5. 生物工学の専門技術に関連する基礎知識とそれらを応用する能力を身につけている。
  6. 生物工学に関連した種々の課題を解決するためのデザイン能力を身につけている。
  7. 日本語の論述力,研究発表やグループ討論のコミュニケーション能力,英語によるコミュニケーションの基礎的な能力を身につけている。
  8. 自己研鑽意欲を持ち自主的・継続的に学習する能力を身につけている。また,何事も自ら進んで決断することができる。
  9. 様々な要因を勘案した計画を立案し,計画的に仕事を進めることができる。この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。
  • 21世紀の社会における生命・福祉,地球環境(資源,環境保全,エネルギー),物質生産,材料などの課題を生物工学的立場から解決できる研究者・技術者としての基礎的な能力を身につける。
  • 数学および自然科学(物理学・化学・生物学・地球科学)の基礎知識を習得する。
  • 自然科学と幅広い応用科学の特徴を理解しているとともに,技術が人間社会や自然に及ぼす影響を理解する。
  • 生物工学に関連する幅広い科学技術分野の研究動向と今後の展望についてその概要を理解する。
  • 生物工学の専門技術に関連する基礎知識とそれらを応用する能力を身につける。
  • 生物工学に関連した種々の課題を解決するためのデザイン能力を身につける。
  • 日本語の論述力,研究発表やグループ討論のコミュニケーション能力,英語によるコミュニケーションの基礎的な能力を身につける。
  • 自己研鑽意欲を持ち自主的・継続的に学習する能力を身につける。自ら進んで決断するための能力を身につける。
  • 様々な要因を勘案した計画を立案し,計画的に仕事を進める能力を身につける。

物質循環工学コース

以下の人材養成目標を掲げ,この目標に到達した者に学士(工学)の学位を授与する。

  1. 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養を身につけている。
  2. 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果,および技術者が社会に対して負っている責任(技術者倫理)に関して理解している。
  3. 数学,自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力を身につけている。
  4. 化学工学分野の専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力を身につけている。
  5. 種々の科学,技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力を身につけている。
  6. 日本語による論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を身につけている。
  7. 自主的,継続的に学習できる能力を身につけている。
  8. 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力を身につけている。この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

(a) 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養を身につける。

(b)技術が社会や自然に及ぼす影響や効果,および技術者が社会に対して負っている責任(技術者倫理)に関して理解する。

(c) 数学,自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力を身につける。

(d1) 化学工学分野の専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力。-工業(応用)数学,情報処理技術を含む工学基礎に関する知識およびそれらを問題解決に利用できる能力を身につける。

(d2) 化学工学分野の専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力。-物質・エネルギー収支を含む化学工学量論,物理・化学平衡を含む熱力学,熱・物質・運動量の移動現象論などに関する専門知識,およびそれらを問題解決に利用できる能力を身につける。

(d3) 化学工学分野の専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力。-有機化学,無機化学,物理化学,分析化学,高分子化学,材料科学,電気化学,光化学,界面化学,薬化学,生化学,環境科学,エネルギー化学,分離工学,反応工学,プロセスシステム工学など化学に関連する分野の4分野以上に関する専門知識,実験技術,およびそれらを問題解決に応用できる能力を身につける。

(d4) 化学工学分野の専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力を身につける。

-(d3)の内の1分野以上に関する専門知識,およびそれらを経済性・安全性・信頼性・社会および環境への影響に考慮しながら問題解決に利用できる応用能力,デザイン能力,マネジメント能力を身につける。

(e) 種々の科学,技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力を身につける。

(f) 日本語による論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を身につける。

(g) 自主的,継続的に学習できる能力を身につける。

(h) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力を身につける。

地球学コース

以下の人材養成目標を掲げ,この目標に到達した者に学士(理学)の学位を授与する。

  • 地球科学に関する知識を修得し,それらを地球環境等の様々な時間・空間スケールの課題に対して活用する能力を身につけている。(知識・理解)
  • 地球科学に関連する実験技術や調査法,情報処理能力を修得し,様々な課題に対して応用する能力を身につけている。(技能)
  • 設定された課題に対し,種々の知識や技術を活用して課題を解決する能力および継続的に課題に取組む能力を身につけている。(関心・意欲・態度)
  • 論理的な思考力を涵養し,論理的な記述,プレゼンテーション,ディスカッション,ならびにコミュニケーションができる能力を修得している。(表現)

この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 地球科学に関する知識を修得し,それらを地球環境等の様々な時間・空間スケールの課題に対して活用する事ができる。(知識・理解)
  • 地球科学に関連する実験技術や調査法,情報処理能力を修得し,様々な課題に対して応用することができる。(技能)
  • 設定された課題に対し,種々の知識や技術を活用して課題を解決する能力および継続的に課題に取組む能力を身につける。(関心・意欲・態度)
  • 論理的な思考力を涵養し,論理的な記述,プレゼンテーション,ディスカッション,ならびにコミュニケーションができる能力を修得する。(表現)

生物学コース

以下の人材養成目標を掲げ,この目標に到達した者に学士(理学)の学位を授与する。

  1. 生物学全般にわたる基礎知識を身につけている。
  2. 生命現象を遺伝子・分子・細胞レベルで理解する方法論,分析法,思考法を身につけている。
  3. 個体・集団に見られる生物多様性の実像を把握し,加えて進化という時間軸を通して理解する方法論,分析法,思考法を身につけている。
  4. 地球環境,遺伝子操作,生命倫理などの問題を正しく理解し,批判的かつ建設的に判断できる能力を身につけている。
  5. 生物学の知識を,社会で必要とされる技術に応用する能力を身につけている。
  6. 日本語と英語による論述,発表,討論の能力を身につけている。
  7. 意欲的に学習し,自己成長できる能力を身につけている。
  8. 計画的に問題に対処し,解決する能力を身につけている。

この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 生物学全般にわたる基礎知識を身につける。
  • 生命現象を遺伝子・分子・細胞レベルで理解する方法論,分析法,思考法を身につける。
  • 個体・集団に見られる生物多様性の実像を把握し,加えて進化という時間軸を通して理解する方法論,分析法,思考法を身につける。
  • 地球環境,遺伝子操作,生命倫理などの問題を正しく理解し,批判的かつ建設的に判断できる能力を身につける。
  •  生物学の知識を,社会で必要とされる技術に応用する能力を身につける。
  • 日本語と英語による論述,発表,討論の能力を身につける。
  • 意欲的に学習し,自己成長できる能力を身につける。
  • 計画的に問題に対処し,解決する能力を身につける。