学校教育学類

義務教育学校を中心とした学校の教員に必要な,次のような知識・技能・態度を備え,教員として学校現場の課題に応えられる人材を養成する。この人材養成目標に到達した者に学士(教育学)の学位を授与する。

  1. 教科等(道徳・特別活動を含む)の専門知識と,児童生徒の実態に合わせてそれらを教授するための知識・技能・創造的思考力。
  2. 児童生徒の実態を観察・理解し,コミュニケーションにもとづいて児童生徒の自主的自治的活動を支援するための知識・技能・態度。
  3. 学校教育・学校組織とそれを取り巻く現代社会と世界の諸問題についての知識・理解力・分析力。
  4. 自己の教員としての資質を省察し,個性的な教員としての自己形成を目指すための知識・技能・態度。
  5. 取得教員免許状の種類に応じた校種(小・中・特別支援・高等学校及び幼稚園)ごとの特徴的な教育内容と教育方法,および児童生徒等の理解と支援についての知識・技能。
  • 教科等(道徳・特別活動を含む)の内容を理解し,児童・生徒の実態に応じた教授方法を探求することができる。(教科等)
  • 児童生徒への理解にもとづいてコミュニケーションを行い,自主的自治的活動を支援することができる。(子ども理解)
  • 学校教育・学校組織とそれを取り巻く現代社会と世界の諸問題について,理解し判断することができる。(学校・社会)
  • 自己の教員としての資質を省察し,個性的な教員としての自己形成を目指すことができる。(自己省察)
  • 取得する教員免許の校種における教育内容・教育方法の特性を理解し,校種に応じた児童生徒等の理解と支援を行うことができる。(校種)