電子情報学類

エレクトロニクス・情報通信技術・エネルギー・生命情報の各分野において必要となる専門知識を修め,技術者に必要な倫理観と地球的視点をもった,高度情報化社会の発展に寄与できる自立した技術者・研究者を育成する。各コースのディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標への到達を通じて,この学類の人材養成目標に到達した者に,学士(工学)の学位を授与する。

電気電子コース

電磁気学,電気回路および電子回路といった電気電子分野の基礎を学習した上で,エネルギー技術,電子・光素子技術,集積回路技術,制御技術等を身につけ,工学のもつ倫理的責任を理解した人材を育成する。それらの知識を生かし,創造力豊かで新分野開拓に意欲を持つ自立した電気・電子・情報技術者を養成する。この人材養成目標に到達した者に学士(工学)の学位を授与する。この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 数学,物理,情報および電気電子工学の基礎知識を幅広く修め,それを応用する能力を身につける。
  • 実験を通して電気,電子に関する現象を科学的に分析する能力を身につける。
  • 課題を提案し,実行し,遂行する能力を身につける。
  • 実験結果や研究成果を的確に記述し,説明する能力を身につける。
  • 電気電子工学の実践に必要なスキルと,ハードウェア,ソフトウェアを含む最新のツールを使う能力を身につける。
  • 英語によるコミュニケーション基礎能力を身につける。
  • 工学の持つ社会的影響力の重要性と倫理的責任を理解する。

情報システムコース

電子・通信・情報システムに関わる新たなデバイスやシステムの開発・設計・構築・管理・運用に必要な知識と技術を持った技術者と研究者を育成する。具体的には,電子・通信・情報システムに関する専門知識,最新のハードウェア・ソフトウェアを使いこなす技術,工学の持つ社会的責任に対する自覚,そして,創意工夫と新分野開拓への意欲を有する人材を育成する。この人材養成目標に到達した者に学士(工学)の学位を授与する。この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 電子・通信・情報システムに関する専門知識の習得に必要となる数学・情報・自然科学の基礎理論を理解し,応用できる能力を身につける。
  • 電子・通信・情報システムに関する専門知識と理論を理解し,説明できる能力を身につける。
  • 実験・演習を通して,電子・通信・情報システム分野に関連する理論と現象を結びつけて分析・理解する能力と,そのために必要な最新の機器やソフトウェアツールを使いこなすための技術を身につける。
  • 実験・演習・課題研究等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
  • 工学の持つ社会的・倫理的責任を理解する。

生命情報コース

先端的な情報処理技術や人工知能理論を駆使して,全ての生命に内蔵されたデジタルコードであるDNA配列を読み解き,遺伝子やタンパク質の機能とダイナミクスを解明できる技術者と研究者を育成する。具体的には,アルゴリズム理論とプログラミング技術,および分子生物学の知識を学習した上で,DNAやタンパク質の配列解析技術,構造解析技術,発現解析技術,機能解析技術等を身につけ,実問題に対して応用できる人材を育成する。この人材養成目標に到達した者に学士(工学)の学位を授与する。この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

  • 情報処理と分子生物に関係する基礎理論を理解し,説明できる能力を身につける。
  • 生命情報の解析に応用可能な種々のトピックスについて,その理論を理解し,説明できる能力を身につける。
  • プログラミングや実験を通して,生命情報の解析に関連する技術を体験的知識として身につけ,実践できる。
  • 実験・演習・課題研究等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
  • 工学の持つ社会的・倫理的責任を理解する。