保健学類

看護学専攻

学習成果

目標A:ヒューマンケアの基本に関する実践能力

  1. 対象に尊厳を払い,対象の権利を尊重することを理解できる。
  2. 実践する看護について説明責任を果たすことを理解できる。
  3. 援助関係を形成することを理解できる。

目標B:根拠に基づく看護を展開する能力

  1. 根拠に基づいた看護を提供することを理解できる。
  2. 計画的に看護を展開できる。
  3. 成長発達に応じた健康レベルをアセスメントできる。
  4. 個人の日常生活と家族生活をアセスメントできる。
  5. 地域の特性と健康課題をアセスメントできる。
  6. 看護援助技術を適切に実施できる。

目標C:特定の健康問題を持つ人への実践能力

  1. 健康の保持増進と健康障害を予防する看護方法の基礎を実践できる。
  2. 急激な健康破綻と回復過程にある対象の基礎的支援を実践できる。
  3. 慢性疾患及び慢性的な健康障害を有する対象の基礎的援助を実践できる。
  4. 終末期にある対象の基礎的援助を実践できる。

目標D:ケア環境とチーム体制整備能力

  1. 看護提供組織における看護機能と看護の質を改善することを理解できる。
  2. 地域ケア体制の構築と看護機能の充実を図ることを理解できる。
  3. 安全なケアを提供する方法を理解できる。
  4. 保健・医療・福祉において協働し,連携することを理解できる。
  5. 社会の動向を踏まえて看護を創造することを理解できる。

目標E:実践の中で研鑽する基本能力

  1. 生涯にわたり専門能力を発展させる基本的知識を習得している。
  2. 看護専門職としての価値観・専門性を発展させる方法を考えることができる。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

看護学専攻では看護師・保健師の統合カリキュラムに沿った教科目を構成している。第1に看護の基盤を理解することから生涯学習への主体的姿勢の習得まで5つの目標からカリキュラムの主軸を構成している。第2に各目標の達成ができるための20の要点(具体的学習内容)を提示している。第3に学習内容の基礎から応用へ,理 解から実践へと年次的に深化する教科目の配置と教育方法を工夫し学生が主体的に学習できるように支援する。

放射線技術科学専攻

学習成果

  • 目標A 人体の構造,機能及び疾病を系統立てて理解し基礎能力を養う。同時に,地域社会における公衆衛生について知識を養う。
  • 目標B 理工学,情報科学および放射線の安全な利用に必要な基礎知識を習得し,理解力,観察力,判断力を養う。
  • 目標C 装置の構成や動作原理及び医薬品に対する生物学的特性を理解し,検査に必要な知識や技術を養う。
  • 目標D 医用画像の成り立ちに必要な画像情報の理論を理解し,画像解析,評価,処理および医療情報システムの知識を養う。
  • 目標E 放射線などの安全な取扱いとその関係法規及び保健医療領域における安全管理の知識や技術を養う。
  • 目標F 科学的な見地に基づいて,実験及び研究を進めるための基礎的な知識を習得し,さらに問題解決能力を養う。
  • 目標G 基本的な実践能力を身につけ,放射線部門の運営に関する知識,分析力などを養う。
  • 目標H 患者や医療チームのメンバーと良好なコミュニケーションを取り,医療チームの一員として責任と自覚を養う。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

初年度では人体の構造,機能や疾病を理解し基礎能力を養う。2年次以降は理工学,画像情報の理論および画像解析・処理など検査に必要な知識と技術を養うと同時に,これらを画像診断,核医学や放射線治療の臨床分野と系統立てて理解できる能力を育成するカリキュラムを編成する。また,実験や臨床実習および卒業研究指導では小人数グループ制を取り入れ,自己探求型の問題解決能力を養う。さらに,医療人としての資質や人間性豊かな人材の育成を目指す。
 

 

検査技術科学専攻

学習成果

  • 目標A 科学的思考の基礎能力を養う。人間と社会との関係性を学ぶ。患者さんと医療チームとのコミュニケーション能力を養う。
  • 目標B 人間の構造と機能を系統的に理解し,専門教育の基礎を築く。
  • 目標C 医学検査の基礎として疾病との関連を理解し,専門教育の基礎を築く。
  • 目標D 保健医療と福祉との関係性を学び,専門教育の基礎を築く。
  • 目標E 医療工学・情報科学の基礎知識を学び,理解力,観察力,判断力を養い,専門教育の基礎を築く。
  • 目標F 臨床病態学として各種疾病を系統的に学び,それぞれ疾患の病態を理解し医学検査との関連性を学ぶ。
  • 目標G 形態検査学として,病理検査・血液検査を系統的に学ぶ。
  • 目標H 生物化学分析検査学として,検体検査・臨床化学検査・遺伝子検査を系統的に学ぶ。
  • 目標I 病因・生体防御検査学として,病原微生物・血清免疫検査を系統的に学ぶ。
  • 目標J 生理機能検査学として,臨床生理検査・検査機器の取り扱いを学ぶ。
  • 目標K 検査総合管理学として,検査機器の管理法・検査データの精度管理法を学ぶ。
  • 目標L 医療研究の手法を測定し,結果を集計し,それを発表し,論文としてまとめる。問題解決能力を修得する。
  • 目標M 臨地実習を経験して,講義,実習で修得した知識,技術を臨床レベルで対応できるように高める。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

初年度から履修する「専門基礎科目」を出発点とし,「医療工学・情報科学」,「臨床病態学」, 「形態検査学」, 「生物化学分析検査学」, 「病因・生体防御検査学」,「生 理機能検査学」, 「検査総合管理学」の専門科目について,基礎からそれらの応用までを体系的に学ぶ。第三学年からは,少人数からなるいくつかの研究グループに 分かれ,学生各自が関心を持つ専門分野を「卒業研究」において,より深く探求する。また,最終学年では臨地実習を経験し,臨床レベルで対応できるよう知識および技 術を高める。なお,専門分野で開講される科目の大部分は国家試験受験に必要な必須科目であるが,各自の希望に応じて他専攻の科目,医療英語について自主的に 履修計画を作成することができる。

理学療法学専攻

学習成果

  • 目標A 保健医療福祉とリハビリテーションの理念を理解する。
  • 目標B 人体の構造と機能および心身の発達に関して理解する。
  • 目標C 疾病と障害の成り立ちおよび回復過程に関して理解する。
  • 目標D 理学療法の概要および基礎的事項の理解を深める。
  • 目標E 理学療法の評価法について理解し,各検査方法を修得する。
  • 目標F 理学療法の各治療法を理解し,修得する。
  • 目標G 臨床場面で理学療法を経験し,専門家としての基本的能力を修得する。
  • 目標H 理学療法学研究の方法論を理解し,経験する。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

共通教育科目で社会人として必要な知識や教養を身に付け,専門基礎科目で人体の構造や疾病と障害,および医療福祉とリハビリテーションの理念を学習後,理学療 法学の基礎,評価・治療学および研究法を,基礎医学と関連づけて学べるカリキュラムを編成している。臨床実習は段階的に編成し,施設見学,理学療法部門見学お よび評価実習を経験後,「臨床の場で理学療法の役割および責任を認識し,理学療法士として必要な専門知識と基本的技能を習得すること」を目標に掲げている。

作業療法学専攻

学習成果

正常な身体と発達を理解する。

  • 目標A 正常な人体の構造と機能を理解し,身体運動と日常生活での営みと関連させて理解する。
  • 目標B 身体運動機能・知的機能の正常な発達を理解する。

疾病・障害を理解する。

  • 目標C 健康・疾病・障害の概念および症候・診断・治療について理解する。

地域における保健の役割を理解する。

  • 目標D 保健医療福祉の推進のために作業療法士が果たす役割を理解する。
  • 目標E 地域における関係諸機関と対象者に対する調整の役割を理解する。

作業療法の基礎を理解する。

  • 目標F 作業療法概念および作業療法の展開方法を理解する。
  • 目標G 基礎作業療法学の理念を理解する。

評価法を理解する。

  • 目標H 作業療法評価の概念を理解し,評価技術・技能を修得する。

疾患・障害に応じた作業療法の実践を理解する。

  • 目標I 作業治療学の基本的枠組みを理解する。
  • 目標J 身体・老年期・精神・発達障害に関する知識・技術・技能を修得する。
  • 目標K 生活および職業関連活動における作業行動の形成について理解する。
  • 目標L 地域ケア活動の基本的な概念,展開のための能力を修得する。

臨床的応用法を修得する。

  • 目標M 臨床的観察力・分析力,そして治療計画立案能力・実践力を身につける。
  • 目標N 作業療法を推進するための知識・技術・技能を統合する。

初歩的な研究技能を学ぶ。

  • 目標O 研究の知識・技能を修得する。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

作業療法士は人と接する職業であるため,幅広い教養と知識を身につけることが大切である。保健・医療の領域で活動を行うために,医学の基礎知識の修得が重要で ある。専門基礎科目として,解剖・生理学,運動学などを学び,その後に臨床医学へと結びつけていく。学生は学内だけの講義・実習に加えて,リハビリテーションが行 われている実際の現場を見学して学んでいく。学年進行にあわせて,作業療法専門科目が多くなるが,学外での評価学実習を組み入れて,学内で学んだ知識と技術を 臨床を通して確認しながら進めていく。同時に面接等において必要な対人交流技術を修得する。最終学年においてはそれまでに修得した基礎科目及び専門科目を統 合し,作業療法士に必要な知識・技術をさらに磨き修得できる教育課程に編成している。