医学類

医学類

学習成果

A. 知識及び技能 ・基礎医学・社会医学領域における専門的な知識を身につける。

  • 臨床医学領域について専門的な知識を身につける。 ・診断及び治療の基本的技能を修得する。
  • 自ら必要な課題を発見し,自己学習によってそれを解決する姿勢を身につける。

B. 研究心 ・科学的根拠に基づく医療の評価と検証の必要性を理解する。

  • 探求心・研究心をもって生涯にわたる継続的学習を行うことが出来る。
  • 科学的研究の最新情報を収集・実践できる能力を持っている。

C. 倫理観 ・患者の自己決定権の重要性を理解する。

  • 自分自身の行動を省察し律することができる。
  • 医師としての社会的責任を理解する。
  • 価値観の多様性を理解する。
  • 幅広い教養を背景に,患者本位の医療を実践出来る。

D. 地域医療 ・地域における医療・保健・福祉などの連携を理解する。

  • 医療の経済的側面を理解する。

E. コミュニケーション ・患者・家族等と良好な関係を築く。

  • 他の医療従事者との連携を重視する。
  • 強い責任感,指導力,意思疎通能力をもって,効率よく問題解決に当たる事が出来る。

F. 危険・事故の予防 ・医療従事者の健康管理の重要性を理解している。

  • 医療事故に遭遇した際の対処法について理解している。
  • 医療過誤に関連した医師の責任と罰則規定を理解している。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

初年度に行う「早期臨床体験」により,医学類に入学した学生に対して,6年間の勉学の目標を見極めさせる。その上で2年次以降,基礎医学と臨床医学を関連づけて 学べるような統合的カリキュラムを編成する。少人数で行う実習やチュートリアル教育をとりいれ,課題探求型の自己学習を指導する。