法学類

公共法政策コース

学習成果

  • 法律学・政治学全体の見取り図と,それぞれの専門分野間の相互関係を理解する。(専門基礎科目)
  • 社会の公的枠組みを形作っている法を対象とする学問分野や,政治学・政策学の基礎を理解する。(公共法政策系基本科目)
  • 企業を含む私人どうしの活動を規律する法を対象とする学問分野の基礎を理解する。(企業関係法系基本科目)
  • 国家・地方公務員にとって必要な専門知識や能力(公法分野)を得る。(公共法政策コースコア科目I)
  • 国家・地方公務員にとって必要な専門知識や能力(公法・私法が交錯する発展的・先端的分野)を得る。(公共法政策コースコア科目II)
  • 国家・地方公務員にとって必要な専門知識や能力(政治学分野)を得る。(公共法政策コースコア科目III)
  • 法律学・政治学の発展的・応用的分野を学ぶ。(選択科目・他学類との共通科目,演習科目)
  • 議論を通して,法律学・政治学の個々の分野に対する理解を深める。(演習科目)
  • 法律学・政治学の現在の学問水準を知るなど,それぞれの学問分野の最先端の知識を得て,さらに自ら考えるきっかけを作る。(演習科目,特講)

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

【学類のCP】

  1. 体系的カリキュラム:法律学・政治学の学問体系の骨格に対する理解を促す。
  2. 階層的カリキュラム:入学初年次は基礎的な科目を,学年の進行に従って応用的・発展的な科目を提供する。
  3. 進路に応じたカリキュラム:1,2年次生はおおよそ同じ基本的科目を学ばせ,3,4年次生は将来の進路に即した科目を学ばせる。

【コースのCP】

1,2年次の基本的科目で得た知識を基礎として,国家・地方公務員の行政職にとって必要な専門知識(主に公法・政治学関連の科目)や能力をさらに修得させる。

企業関係法政策コース

学習成果

  • 法律学・政治学全体の見取り図と,それぞれの専門分野間の相互関係を理解する。(専門基礎科目)
  • 社会の公的枠組みを形作っている法を対象とする学問分野や,政治学・政策学の基礎を理解する。(公共法政策系基本科目)
  • 企業を含む私人どうしの活動を規律する法を対象とする学問分野の基礎を理解する。(企業関係法系基本科目)
  • 企業活動で必要な専門知識や能力(私法分野)を得る。(企業関係法コースコア科目I)
  • 企業活動で必要な専門知識や能力(国内の法的問題に関する発展的・先端的分野)を得る。(企業関係法コースコア科目II)
  • 企業活動で必要な専門知識や能力(国際的な法的問題に関する発展的・先端的分野)を得る。(企業関係法コースコア科目III)
  • 法律学・政治学の発展的・応用的分野を学ぶ。(選択科目・他学類との共通科目,演習科目,特講)
  • 議論を通して,法律学・政治学の個々の分野に対する理解を深める。(演習科目)
  • 法律学・政治学の現在の学問水準を知るなど,それぞれの学問分野の最先端の知識を得て,さらに自ら考えるきっかけを作る。(演習科目,特講)

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

【学類のCP】

  1. 体系的カリキュラム:法律学・政治学の学問体系の骨格に対する理解を促す。
  2. 階層的カリキュラム:入学初年次は基礎的な科目を,学年の進行に従って応用的・発展的な科目を提供する。
  3. 進路に応じたカリキュラム:1,2年次生はおおよそ同じ基本的科目を学ばせ,3,4年次生は将来の進路に即した科目を学ばせる。

【コースのCP】

1,2年次の基本的科目で得た知識を基礎として,企業の従業員にとって必要な専門知識(主に民事法関連の科目)や能力をさらに修得させる。

総合法学コース

学習成果

  • 法律学・政治学全体の見取り図と,それぞれの専門分野間の相互関係を理解する。(専門基礎科目)
  • 社会の公的枠組みを形作っている法を対象とする学問分野や,政治学・政策学の基礎を理解する。(公共法政策系基本科目)
  • 企業を含む私人どうしの活動を規律する法を対象とする学問分野の基礎を理解する。(企業関係法系基本科目)
  • 法律学をより深く理解するために,法の基礎理念,歴史や外国法に関する学問分野を学ぶ。(総合法学コースコア科目)
  • 法律学・政治学の発展的・応用的分野を学ぶ。(選択科目・他学類との共通科目,演習科目)
  • 議論を通して,法律学・政治学の個々の分野に対する理解を深める。(演習科目)
  • 学士課程で学んだ内容を専門性の高い文章にまとめる。(判例研究・卒業論文)
  • 法律学・政治学の現在の学問水準を知るなど,それぞれの学問分野の最先端の知識を得て,さらに自ら考えるきっかけを作る。(演習科目,特講)

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

【学類のCP】

  1. 体系的カリキュラム:法律学・政治学の学問体系の骨格に対する理解を促す。
  2. 階層的カリキュラム:入学初年次は基礎的な科目を,学年の進行に従って応用的・発展的な科目を提供する。
  3. 進路に応じたカリキュラム:1,2年次生はおおよそ同じ基本的科目を学ばせ,3,4年次生は将来の進路に即した科目を学ばせる。

【コースのCP】

このコースは,法科大学院または法律学系研究大学院への進学を検討している学生を対象とする。このコースに所属する学生は,大学院に進む前に学んでおくべき科 目や分野を自分で判断することが求められる。そのため,本コースは一部の例外を除いて自由選択制とするが,学習の成果を確認するために,判例研究または卒業論 文を必ず履修させる。