電子情報学類

電気電子コース

学習成果

  • 数学,物理,情報および電気電子工学の基礎知識を幅広く修め,それを応用する能力を身につける。
  • 実験を通して電気,電子に関する現象を科学的に分析する能力を身につける。
  • 課題を提案し,実行し,遂行する能力を身につける。
  • 実験結果や研究成果を的確に記述し,説明する能力を身につける。
  • 電気電子工学の実践に必要なスキルと,ハードウェア,ソフトウェアを含む最新のツールを使う能力を身につける。
  • 英語によるコミュニケーション基礎能力を身につける。
  • 工学の持つ社会的影響力の重要性と倫理的責任を理解する。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

電気電子工学分野の技術者として基礎となる科目について体系的に学び,その上で技術革新や社会的要求の変化にも対応できる専門的能力が身につけられるよう科 目を配置した。さらに,技術者としての実践能力を高めるための実験・演習科目と,独創性を醸成するための課題提案型の創成科目を加えてカリキュラムを編成した。

情報システムコース

学習成果

  • 電子・通信・情報システムに関する専門知識の習得に必要となる数学・情報・自然科学の基礎理論を理解し,応用できる能力を身につける。
  • 電子・通信・情報システムに関する専門知識と理論を理解し,説明できる能力を身につける。
  • 実験・演習を通して,電子・通信・情報システム分野に関連する理論と現象を結びつけて分析・理解する能力と,そのために必要な最新の機器やソフトウェアツールを 使いこなすための技術を身につける。
  • 実験・演習・課題研究等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
  • 工学の持つ社会的・倫理的責任を理解する。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

導入として専門知識の習得に必要な基礎的な科目を配置し,次に専門知識と理論の理解そして実践的な技術の習得のために,電子・情報・通信各分野の専門科目と 各分野に則した実験・演習科目を配置した。そして,それに続くより高度な実験・演習科目と課題研究を配置することで,問題発見・解決能力を身につけることができるよ うに編成した。

生命情報コース

学習成果

  • 情報処理と分子生物に関係する基礎理論を理解し,説明できる能力を身につける。
  • 生命情報の解析に応用可能な種々のトピックスについて,その理論を理解し,説明できる能力を身につける。
  • プログラミングや実験を通して,生命情報の解析に関連する技術を体験的知識として身につけ,実践できる。
  • 実験・演習・課題研究等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
  • 工学の持つ社会的・倫理的責任を理解する。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

情報システムコースのカリキュラムをベースとして,基礎から専門へと段階的に科目を配置し,実験や演習・課題研究等を通して問題発見・解決能力を身につけることができるよう編成した。その上で,生命情報系の専門科目(分子生物情報学,バイオインフォマティクス,ゲノム情報処理,生命情報システム設計)を必修科目とすることで,コースの独自性を反映したカリキュラムになるよう編成した。