地域創造学類

地域創造学類

  1. 知識・理解     人間の生活基盤となる地域とその諸問題を理解するための専門的知識を習得している。
    【地域プランニング】 ・理念目標・社会的責任: ・現状理解・把握: ・実践論・対処方法:
    【福祉マネジメント】 人権の保障 福祉の歴史、制度・政策 援助技術・方法、ソーシャ ル・アクション
    【環境共生】 持続可能な社会の実現、 環境思想 食料の生産・流通・消費、 自然災害と防災、里山の 保全、環境資源の管理 GIS技術、環境学習、環 境再生医
    【地域プランニング】 地域活性化 コミュニティ基盤、生活環 境基盤、地域資源の発 見・評価、地方行政 地域計画、地域情報伝達
    【健康スポーツ】 生涯スポーツライフ  健康・運動・栄養・体力・ 発達、スポーツの文化と 歴史 ヘルスプロモーション、ス ポーツマネジメント
  2. 技能・表現
    • 地域課題の解決に必要な調査や分析の方法を修得している。
    • 他者の声に耳を傾け,自らの考えを的確に伝達するコミュニケーション能力とコーディネーション能力を身につけている。
  3. 思考・判断     地域や社会の諸問題を生活の諸側面から多角的に分析し考察できる。
  4. 関心・意欲     地域の諸問題を自ら探求し,よりよい地域の創造に貢献する意欲を持っている。
  5. 態度 地域で暮らすすべての人に共感と尊敬を持って接することができる。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

必修の学類共通科目を履修した後,各コースで専門テーマを深く学べるように編成する。また,演習や論文指導でのきめ細かな少人数教育を基本に,調査実習,体験 実習など現場での実習教育を重視する。

1年次には,共通教育科目と地域創造学類共通科目を通じて,将来の地域社会の維持と発展を担うための地域創造学の基礎を学ぶ。2年次には,講義と演習科目から 各コースの基礎を学ぶ。3年次には,応用演習と実習により,コースの専門的知識と技術を修得し,4年次では,自ら課題を発見し解決するための卒業研究に取り組み, 地域における調査とフィールドワークを通じて,地域が求める課題に実践的かつ総合的に取り組めるようになっている。少人数教育によるきめ細かな学習支援により, 現場での実践力を確実に修得できるようにカリキュラムが編成されている。