創薬科学類

医薬保健学域【創薬科学類】

人類の健康増進や医薬品の創製につながる先端的な研究・応用研究分野で活躍する高度で専門的な知識と技能を身につけた多様な人材の養成を図ります。とりわけ研究者を養成することを主目的としますので,卒業後は,大学院博士前期課程(2年間),さらには博士後期課程(3年間)へと進学する人を歓迎します。
本学においては薬学類・創薬科学類を一括して学生募集を行い,共通する基礎・専門科目や早期体験等の初期学習を経た後,学生自らが自己の適性を判断しながら進路を決定する経過選択制を導入しています。

求める人材(創薬科学類共通)

  • 人類の健康増進や医薬品の創製を通じて社会に貢献することを希望する人
  • 生命科学の領域において国内外で活躍する研究者を目指す人

求める人材(アドミッション・オフィス入試)

  • 化学を基礎として医療や生命科学に関連する領域を深く,主体的に学ぶことに意欲的な人

選抜の基本方針

一般入試

高等学校での高いレベルの基礎学力と,特に理数科目での秀でた学力を身につけた人材を選抜します。

帰国子女入試

授業を理解するための高い学力を個別試験により,素質・適性・学力を面接により評価します。

アドミッション・オフィス入試

物事の本質を理解し,自ら問題を見出して知識・技能を総合的に活用・解決しようとする能力や適性,学習意欲及び目的意識等を総合的に判定します。

私費外国人留学生入試

授業を理解するための高い学力を個別試験により,素質・適性・学力ならびに日本語能力を面接により評価します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

高等学校で履修する科目(大学入試センター試験で課している科目)について,しっかり理解することが求められます。特に,理数科目の高い基礎学力と理解力が必須です。