保健学類

医薬保健学域【保健学類】

保健学類は,「保健・医療・福祉における科学的な知識・理論・技術の修得と課題探究能力を養成し,豊かな教養と人間性を備えた高度専門医療人と保健学研究者を育成し,国民の医療・福祉の発展に寄与すること」を基本理念とします。

教育目標は,

  1. 現代社会の抱える諸問題を総合的に洞察できる能力の育成,
  2. 日本語・外国語による討議・発表能力の育成,
  3. 保健学における基礎的知識と専門的知識・技術の修得,
  4. 保健学の知識・技術を活用した課題探究能力の育成,
  5. 豊かな人間性と高い専門職業人としての倫理観など医療人としての社会的使命感の涵養,
  6. 学際的保健学知識の統合による教育・研究能力の育成です。

保健学類では,国家試験受験資格の取得のためのカリキュラム編成がおこなわれており,このため募集単位は看護学専攻,放射線技術科学専攻,検査技術科学専攻,理学療法学専攻,作業療法学専攻の5専攻を設けます。

選抜の基本方針

一般入試

基礎学力に加え,前期日程(全専攻)では理科と英語の学力,後期日程(3専攻)では面接試問での理解力・表現力・勉学意欲・資質適性等を重視します。

推薦入試

面接で医療人としての適格性の評価および調査書による総合評価をします。また,看護学専攻,作業療法学専攻では小論文による資質評価をし,放射線技術科学専攻,検査技術科学専攻では基礎学力を重視します。

帰国子女入試

理科と英語の学力に加え,成績証明書(調査書)による総合評価をします。

私費外国人留学生入試

小論文,面接による資質適格性を評価し,英語,日本語能力を加えて総合判断します。

1. 看護学専攻

看護科学は,人間の誕生から死までを包括的に捉え,環境に適応しながら健康に生活することを支援する学問です。看護学専攻では,健康に関わる知識と技術を体系的に学習します。さらに,学内及び学外の医療,保健関係現場での実習を通じて,高い倫理観,専門職としての使命感,医療チームの一員としての責任を学びます。また,研究やゼミを通し,将来の医療科学を担う者として幅広い科学的知識,問題解決方法などを学び,将来の進歩や変化に対応するための能力を養うと同時に,実践力のある指導者,教育者,研究者となるための基礎も身につけます。卒業時には,看護師,※保健師の国家試験受験資格を取得することができます。

※保健師課程については,平成26 年度入学生から選択制としています。詳細は随時保健学類HPなどに掲載していきますので,保健師を希望している方は確認してください。

求める人材

  • 看護の専門技術や知識を高めて,社会に貢献する意欲を持つ人
  • 病める人に対する医療のために,情熱を燃やすことのできる人
  • 人間の健康,医療問題に対して国際的視野で貢献したいと強く願う人
  • 保健の分野で,新しい技術や知識を創り出す熱意を持つ人
  • 看護学及び看護の進歩のために,将来のリーダーとなる夢を持つ人

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

論理的思考力・表現力を身につけるため,文系科目と理系科目の幅広い基礎学力の習得を望みます。

2. 放射線技術科学専攻

診療放射線技師として保健医療を支える有能で意欲のある人材を育成することを目標とします。放射線技術科学専攻では,放射線,磁気や超音波を使用した医療機器の原理や特性,情報処理技術,各種の医療画像形成法,人体の形態,機能並びに医薬品に対する生物学的な特性など広範囲の学問を修め,高度な医療や放射線機器の進歩に対応できる能力を養います。また,放射線を含む量子医療技術について基礎から臨床まで幅広い教育研究を行います。卒業時には,診療放射線技師の国家試験受験資格を取得することができます。

求める人材

  • 診療放射線技師として保健医療を支えることができる有能な人
  • 高度先進医療に対応し常に努力することができる人
  • 専門的な知識を習得するのみならず研究・思考することができる人
  • 患者の立場に立って行動・発言できる豊かな人間性を持つ人

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

文章を正確に読解し,事象に応じて的確に記述する国語・英語力の習得を望みます。また科学的な視点で事象を読解するための基礎的な知識が必要であり,理科・数学を学んでおくことも望まれます。

3. 検査技術科学専攻

検査技術科学は,主に病気の診断や治療効果判定に対して重要な情報を提供する臨床検査を学習する学問です。本専攻では臨床検査に関わる知識と専門技術を体系的に獲得し,医療現場での実習を通じて医療チームの一員である専門技術者としての役割を学びます。また,研究室配属を通じて,進歩する医療科学を担う深い科学的考察や革新的技術などを取得する能力を養います。卒業時には臨床検査技師の国家試験受験資格を取得することができます。

求める人材

  • 病める人に対する医療のために,知識や専門技術を高めて,社会に貢献する情熱を持つ人
  • 医療科学の分野で新しい技術や知識を創り出す熱意を持つ人
  • 臨床検査技術の進歩に貢献し,将来のリーダーとなる夢を持つ人

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

種々の臨床検査技術における基礎となる理論や科学的考察には,数学,物理,化学及び生物学の考え方や知識が必要で,高等学校においてこれらの教科の履修が望まれます。また,情報収集及び発信に必要な英語の力が求められます。

4. 理学療法学専攻

理学療法学は,リハビリテーション医療の一専門分野です。種々の疾患や事故などにより,神経,筋,骨格,循環器,呼吸器などに損傷や障がいをきたした人に対して,運動療法や物理療法を駆使して治療に当たります。理学療法学専攻では,理学療法士となるために必要な治療技術を科学的,実践的に修得するとともに,医療人としてあるべき人間性を育成します。卒業時には,理学療法士の国家試験受験資格を取得することができます。

求める人材

  • 豊かな人間性と愛情を持ち,学習意欲の高い人
  • 社会のニーズに応え,努力を惜しまない人
  • 理学療法学の今後を担い,人類社会に貢献できる人

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

高等学校までに学ぶ国語,社会,数学,理科,英語について十分な基礎学力を身につけておくことが重要です。

5. 作業療法学専攻

作業療法士として必要な知識,技術,コミュニケーション能力を修得し,専門職としての能力を高め,研究する態度をもつ人材を養成します。本学の作業療法教育は脳機能解析学や運動器障がいをはじめ,生活能力回復学の領域において幅広い分野の専門教員の下に行われています。作業療法の技術科学を修得し,研究を進め,技術を開発し,社会に役立ちたい人の入学を希望します。卒業時には,作業療法士の国家試験受験資格を取得することができます。

求める人材

  • たゆまず努力して,自分の能力を高めようとする人
  • 専門技術や知識を高めて,社会に貢献する意欲を持つ人
  • 病める人に対する医療のために,情熱を燃やすことのできる人
  • 人間の新たな能力を引出し活用する作業療法を修得し発展させたい人

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

理系科目と文系科目の均衡がとれた幅広い基礎学力の習得を望みます。