機械工学類

理工学域【機械工学類】

本学類では,自己を知り自己の人間力や表現力を高めた上で,技術革新の基盤となる機械工学の技術者・研究者として,モノづくり工学の社会的使命と責任を果たし,中核的なリーダーとして国際的に広く活躍する人材を育成します。そのために,技術の革新的な進歩に貢献する能力と,技術と人間社会との調和を図る素養の修得を目的とした,工学のみならず,数学・物理学の基礎から,機械工学の先端的な分野,技術をとりまく社会・環境に関する分野までの研究・教育を行います。本学類は,機械の高度化,知能化,超精密化を目指す,ロボティクス,航空宇宙工学,ナノテクノロジーなどの未知の領域に挑む先進的な機械工学分野や,医療福祉機器,生活支援機器,新エネルギーの開発や環境保全を目指す,人と自然に優しい機械工学分野に興味がある人材の入学を期待します。
機械工学類には機械システム,知能機械,人間機械及びエネルギー環境の4 つのコースがあります。各コースへの所属は2 年進級時に本人の希望,学業成績等を考慮のうえ決定します。

求める人材

  • 先端機械工学への興味,モノづくりへの熱意,人間支援に対する高い志を持つ人
  • 地球環境への関心が高くてグローバルな視野と外国語能力の向上に意欲を持つ人
  • 独創性と創造性が豊かで自ら問題点を解決する意欲を持つ人

選抜の基本方針

一般入試

基礎学力に加え,前期日程では,機械工学にとっての基礎となる数学・物理・英語の学力,後期日程では,数学・物理の学力を重視します。

帰国子女入試

機械工学にとっての基礎となる数学・物理・英語の学力を重視するとともに,成績証明書(調査書)により基礎学力を評価します。

私費外国人留学生入試

日本語の読解・筆記能力,機械工学にとっての基礎となる数学・物理・化学・英語の学力を重視するとともに,面接により,日本語能力,理工学分野の勉学意欲及び資質を評価します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

大学入試センター試験で課している科目(理系科目及び文系科目)および一般入試の個別学力検査で課している科目(数学・理科・英語)について,十分理解しておくことが必要です。また,身の回りの“モノづくり”の仕組みから日常的な科学現象まで,幅広い興味と探究心を持つことが望まれます。