数物科学類

理工学域【数物科学類】

数学,物理学は長い歴史をもつ学問として,互いに大きな影響を与え合いながら発展してきました。今日ではまた,計算機シミュレーションという新しい研究手段の導入によって,これまで困難とされていた複雑な数理や自然現象の理解に大きな進展がもたらされています。それらは自然科学をはじめとする現代のあらゆる科学の基礎を支えていると言っても過言ではありません。数物科学類では,このように21世紀の科学として発展を遂げつつある新しい数学,物理学,計算科学を学ぶことを通じて,国際社会の発展に寄与できる人材を育成します。1年次では学類共通で基礎的科目を学び,2年進級時に本人の希望にもとづき,数学,物理学,計算科学の3つのコースのいずれかを選択し,より専門的な内容の学習へと進みます。

求める人材

  • 数学や物理学に興味をもち,それに取り組む熱意と探究心をもっている人
  • 計算機シミュレーション及びそれを用いた科学研究に興味のある人
  • 将来,数学,物理学,計算科学及びそれらの関連分野の研究や教育に携わりたい人
  • 基礎科学をじっくりと学び,それを国際社会の発展に活かしたいと考えている人

選抜の基本方針

一般入試

基礎学力に加え,前期日程では数物科学類にとっての基本的科目である数学・理科及び英語の学力,後期日程では数学・物理の学力を重視します。

帰国子女入試

基礎学力に加え,数物科学類にとっての基本的科目である数学の学力を重視するとともに,面接により理解度,勉学意欲,基本的知識等を総合的に評価します。

私費外国人留学生入試

基礎学力に加え,数物科学類にとっての基本的科目である数学・物理の学力及び日本語・英語の語学力 を重視するとともに,面接により日本語能力,勉学意欲,資質を総合的に評価します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

高等学校等の課程において,5教科7科目(数学,理科,外国語,国語,地理歴史・公民)又はそれに相当する科目を学び,そこで学習したことを十分に身に付けておくことが必要です。