医学類

医薬保健学域【医学類】

医学類は,従来の医学部医学科に相当し,卒業者には医師国家試験の受験資格が与えられ,合格することによって医師として登録されます。医学類の教育理念は,「人間性を重視し,かつ高度で総合的な能力を有する医療人・医学者の育成を図ることにより,世界の医療,健康,福祉に貢献する」ことです。そのために,「幅広い教養,豊かな感性と人間性への深い洞察力を持ち,コミュニケーション能力及び国際性を備え,患者中心の全人的医療ができる医師と医学者」を育てることを教育目標とします。また,社会の多様かつ高度な医療ニーズに応えていくために「明確な目的意識,強い使命感,高い倫理観と協調性」を備えた人材を求めます。

求める人材

  • 高度専門職業人として,研究心を持った医師を目指す人
  • 地域の医療に貢献する医師を目指す人
  • 国際的に活躍できる医学研究者を目指す人
  • 厚生医官,法務医官,自治体,保健所など医療行政の分野で活躍したい人
  • 世界保健機構などで医学医療の分野で国際貢献したい人
  • 医薬開発,医療器械開発,バイオ技術開発などのビジネス領域で活躍したい人

選抜の基本方針

一般入試

高等学校教育で求められるすべての科目における基礎知識・技能に加え,医学にとって基本的科目である数学・物理・化学・英語の学力,そして面接においては勉学意欲・コミュニケーション能力・資質・向上心等を重視します。

推薦入試

生命科学と人類の幸福に高い志を持ち,出身高等学校長等による責任ある推薦を受けた者を対象とします。特に,推薦入試の特別枠は,将来,石川県並びに富山県の地域医療をリードする指導的人材の育成を目的としており,石川県又は富山県の地域医療に貢献する強い意志を持った者を対象とします。

帰国子女入試

日本の高等学校教育で求められるすべての科目における基礎知識・技能と相当のものを習得していることに加え,医学にとって基本的科目である数学・物理・化学・英語に関して十分な学力をもったものを対象とします。面接においては勉学意欲・コミュニケーション能力・資質・向上心等を重視します。

私費外国人留学生入試

医学を学ぶのに必要な日本語の読解・筆記能力を有しているとともに,医学にとって基本的科目である数学・物理・化学・英語に関して十分な学力をもったものを対象とします。面接においては勉学意欲・コミュニケーション能力・資質・向上心等を重視します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

高等学校等で学ぶ教科全般について基礎的な知識と理解力・思考力を身につけておくことが望まれます。