人文学類

人間社会学域【人文学類】

人文学類では,広範な人間の行動・思考・創造と,その蓄積としての思想・歴史・文化,あるいはそれら すべてに関わる言語等を学問的に取り扱い,これら諸学問の専門知識を有し,総合的・学際的視野を持った 人材の養成を目指します。例えば,情報処理能力と柔軟な思考力をもって組織をリードできる人,社会調査・ フィールドワークを企画・実施する能力を有する人,外国語コミュニケーション能力を有し国際的に活動で きる人など,学術上の基礎訓練を活かし活躍できる人材の養成を目標とします。

なお,一般入試,帰国子女入試,国際バカロレア入試,私費外国人留学生入試で入学した人は,2年進級時に,本人の希望,学業成績等を考慮の上,所属するコース・分野を決定します。

求める人材

  • 人間の行動や思想に積極的な関心を持ち,人間探求に挑もうとする人
  • 社会や文化に関する課題を発見し探求する能力を高めたいと思っている人
  • 個性的な発想や観察眼・思考方法の能力を伸ばしたいと思っている人
  • フィールドワークに興味を持ち,調査方法・情報整理能力を身につけたい人
  • 外国事情に関心を持ち,外国語のコミュニケーション能力を高めたい人

選抜の基本方針

一般入試

基礎学力に加え,前期日程では人文学類の基本的科目である国語・外国語能力,後期日程では小論文 課題の理解力・論理的思考力・表現力等を重視します。

推薦入試

【人間科学コース(専門分野:哲学・人間学)】

  • 小論文においては,哲学的・倫理学的な問題についての理解力,論理的思考力,表現力を重視します。
  • 面接においては,幅広い教養とともに,哲学的なものの考え方や発想に対する関心を重視します。

【歴史文化学コース(専門分野:日本史学)】
筆記試験では,日本の古代史から近現代史に関する全般的な知識を論理的思考力でもって表現できるかを 問い,面接試験では,研究手法を身につけるための意欲と関心を有しているかという観点から選抜します。
【歴史文化学コース(専門分野:東洋史学)】
本学入学後に,東アジア文化圏(漢字文化圏)における諸事象を総合的・多面的に理解し,そのうえで, 歴史資料を駆使しながらその歴史を論理的に描くことができるかどうかをみるため,小論文では,課題に 関連する文章や資料,並びにアジアを中心とした世界の歴史についての理解力・論理的思考力・表現力等 (それらの前提となる基礎知識を含む)を,また面接では,平素の学習活動の成果,勉学意欲や当該専門 分野で学習を進めるのに必要な資質等を,総合的に評価します。
【歴史文化学コース(専門分野:西洋史学)】
課題に対する理解力・論理的思考力・表現力等を評価するとともに,面接により,歴史を研究すること への情熱,および特定の時代・テーマに関して今後深く掘り下げて考察しうる可能性を有しているかとい う観点から選抜します。
【言語文化学コース(専門分野:中国語学中国文学)】
小論文を通じて,外国語読解力,思考力,表現力,創造性及び言葉に対する感性を測ります。また面接 では,入学後の学習意欲とともに,中国の言葉,文学,歴史及び現代中国の文化と社会に対する知識,関 心度なども重視します。

帰国子女入試

人文学類の基本的科目である国語・外国語能力を重視するとともに,面接により,高校時代の日本内外 における体験,大学入学後の計画,大学の授業を理解するための基礎知識を評価します。

私費外国人留学生入試

日本語の読解・筆記能力を重視するとともに,英語能力も確認します。また面接により,大学入学後の 計画,大学の授業を理解するための基礎知識,日本語によるコミュニケーション能力などを評価します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

人文学類で学び,探求する事柄は,人間に関する様々な事象が対象となりますので,高等学校等で学ぶ教 科全般について基礎的な知識と理解力・思考力を身につけておくことが望まれます。