経済学類

人間社会学域【経済学類】

経済学類では,現代社会において国,国の中の地域,国を越えた各地域で起きている様々な問題に,(1)経済理論に基づく解釈と政策的解決策の検討,(2)経営・会計・情報の観点からの企業活動の分析,(3)世界各地の経済と社会の比較考察という三つの経済学的アプローチから迫ります。そのためには経済学を体系だって学ぶことと同時に,その一部を深く専門的に学ぶことが必要であり,経済学類は,そのどちらも満たすカリキュラムを提供することによって,現代の様々な問題に的確かつ迅速に対処することができる専門的知識を持った人材の養成を目標とします。
経済学類では,多様な社会的課題に対応できる人材の育成を目指し,一般入試に加えて高校の専門教育を主とする学科又はそれと同等な総合学科からの進学希望者を対象とする推薦入試を設けています。経済分野に対する興味・関心と,勉学に対する強い意欲を持ち,基礎的資質に優れた人材を求めます。経済学類には,経済理論・経済政策コース,経営・情報コース,比較社会経済コースがあります。各コースへの所属は,3年進級時に本人の希望,適性,成績等を考慮の上決定します。

求める人材(経済学類共通)

  • 経済理論を基礎としながら,現代社会の諸問題の分析と解決に挑みたい人
  • 国や地域社会の仕事に携わるために必要な専門的知識を身に付けたい人
  • 即戦力として,あるいは起業家として,ビジネス界で活躍したいと考えている人
  • 日々の国際的な出来事や企業の動きに鋭敏にアンテナを張り巡らせている人

求める人材(推薦入試)

  • 高等学校で修得した専門教育の知識を踏まえ,より深い経済学・経営学の専門的知識を得たい人
  • 経済学・経営学に関する体系的知識を学び,問題解決能力を身につけたい人
  • 国際社会やビジネスに関心を持ち,将来,これらのフィールドで活躍したい人

選抜の基本方針

一般入試

基礎学力に加え,前期日程では国語・外国語・数学の能力,後期日程では小論文課題の理解力・表現力等と英語力を重視します。

推薦入試

現代の文化・社会・経済に関する日本語及び英語の文章を理解する能力,論理的思考力,表現力に加え,平素の学習活動や大学入学後の計画等を重視します。

帰国子女入試

現代の文化・社会・経済に関する日本語及び英語の文章を理解する能力,論理的思考力,表現力に加え,高校時代における体験や大学入学後の計画等を重視します。

私費外国人留学生入試

日本語の文章に関する理解力,論理的思考力,表現力に加え,大学入学後の計画,大学の授業を理解するための基礎的知識等を重視します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

地域においても,国際的な分野においても,人間社会で活躍するためには,国語・英語および情報処理の基本的な力は不可欠です。また経済学類では,特に数学の知識を前提にした授業を履修することも求められます。さらに現代社会の経済およびそこでの日本の位置づけを理解するためには,その前提として地理歴史・公民の知識が必要となります。現代の環境や技術革新の問題を学ぶためには,これと密接に結びついた科学技術の知識が必要であり,理科を学んでおくことも望まれます。