物質化学類

理工学域【物質化学類】

化学は自然界で起こる様々な現象の原子・分子レベルでの理解から,21世紀に必要とされる環境に適合した新しい機能性物質の創製,さらに日常の生活を支える様々な化学製品の開発と製造過程に至るまでの幅広い領域を含んでいます。物質化学類では,化学を通じて人類が自然と共生しながら持続的に豊かに生きるための科学・科学技術・文化の発展と充実に貢献し,世界のグローバル化を積極的に担える人材の育成を目標としており,“独自に考える力”と“未知の分野に対する強い探究心とチャレンジ精神”の旺盛な人の入学を期待します。
物質化学類には化学と応用化学の2つコースがあります。各コースへの所属は2年進級時に本人の希望,学業成績等を考慮のうえ決定します。

求める人材

  • 自然現象の観察と実験に強い興味を持ち,実験を通して創造的に自然に関わりたい人
  • 独自に考える力と自然に対する好奇心を持ち,発見の感動を味わいたい人
  • 研究を通して得た成果を世界に向けて発信し,社会や自然界へ応用することに意欲がある人

選抜の基本方針

一般入試

基礎学力に加え,前期日程では物質化学にとっての基本的科目である数学・化学及び英語の学力,後期日程では化学の知識・理解度を重視します。

帰国子女入試

物質化学にとっての基本的科目である数学・化学及び英語の学力を重視するとともに,成績証明書(調査書)により基礎学力を評価します。

私費外国人留学生入試

数学・化学及び英語の学力を重視するとともに,面接により,大学の授業を理解するための基礎知識,日本語によるコミュニケーション能力などを評価します。

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

高等学校で履修した科目(大学入試センター試験で課している科目)について充分に理解できていることが必要です。さらに,化学を含む理系科目(理科,数学)は理学・工学の基礎となる科目ですので非常に重要です。文系科目(国語,外国語,社会系科目(地歴・公民))も自分の意見をまとめコミュニケーションを行うために必要です。また,高校生活の中で,日常的な科学現象に興味を持ち,それらを意欲的に探究する姿勢を身につけてください。